tweet

家を買う

購入の流れ

購入はこのように進んでいきます。

step01
情報収集 インターネットやチラシなどで情報収集をします。
家族で話し合いながら条件整理。ほしい物件のイメージを膨らませます。
step02
問い合わせ 気になる物件、ご相談事項等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
step03
来店 まずはご希望条件をお伺いします。
物件の事はもちろん、資金計画についてもご提案いたします。
step04
物件見学 たとえ1件目の物件が気に入ったとしても、
他の物件もいくつか見られることをお勧めします。
step05
購入申込書の提出 購入希望の物件が見つかったら、購入申込書にご記入いただきます。
法的な拘束力はありませんが、買い手の購入意思を明確にするためのものです。
この書類をもとに売主 (または売主側の仲介業者) との価格交渉や契約の段取りなどを行ないます。
step06
売渡承諾書の受領 購入申込書に対し、売主の応諾を示す書面が売渡承諾書です。
step07
重要事項説明を受け取る 購入物件について宅地建物取引主任者より重要事項の説明を受けます。
本来であれば契約の数日前に説明を受け、買主が吟味検討する時間がほしいところですが、
実際には契約の直前に行なわれることが多くなっています。
step08
不動産売買契約の締結 契約内容に納得したら不動産売買契約書に署名捺印し、手付金を支払います。
この時点で売買契約成立です。
step09
住宅ローンの申込み 契約前にあらかじめ「事前審査」を行っている場合もありますが、
売買契約後の住宅ローン申込みで正式に金融機関による審査が始まります。
なお、住宅ローンが指定期日までに承認されなかった場合には、売買契約を解除することができます。
step10
残金決済・所有権移転 売買代金の残り (売買金額から手付金を差し引いた金額) を支払いますが、
住宅ローンを利用する場合にはその前の時点で、
金融機関との間で金銭消費貸借契約を締結します。
残金決済と同時に所有権移転登記申請の手続きを行い、
諸費用 (固定資産税・都市計画税・管理費・修繕積立金など) の清算や
手数料 (仲介業者・司法書士など) の支払いなどを行ない、
新居の鍵を受け取ります。
これで一連の取引が完了となります。
PAGE TOP
お問い合わせ