「和」と「モダン」の美しい融合

「和」と「モダン」の美しい融合

住まうこと自体が、歓びになる家。

広く住める、大きくすめる。

ゆったりしていて、広々していて、それでいて落ち着きが感じられる家を建てたいものです。
この家のリビングは天井が高く、気持ちよく感じられます。

しかしそれは、玄関を入ってすぐの部屋と、階段上の2階と、ダイニング・キッチンの天井の低さ、そうして開口部との関係が一体となってのことで、仮にもし、リビングだけ天井が高かったとしたら、感じ方は違ったものになります。

低い天井と高い天井、そして開口部との関係、
組み合わせが絶妙なのが、広さを生んでいるのです。

日本の家は、柱も、建具の桟も、畳の縁にしても、直線が際立っています。このことは、主要材料である木が持つ特質から出ています。日本の木材の多くは直通です。梁桁にひん曲がった地松丸太を用いたり、百日紅の曲り材を床柱の意匠に用いたりすることはありますが、基本が直線なので、それらの曲線が際立ちます。

この家は、「和」の象徴として直線の協調と、一方でこの線を消し去る「モダン」との不思議な融合が、意識的に試みられています。両者はせめぎ合っているようで、実は溶け合っていて、それがこの家の心地よさを生んでいます。

一種独特の「モダン」が土地利用の狭小化と共に年々消え失せる中で、多田グリーンハイツは、まだしも踏みとどまっています。この街が持つアイデンティティということを考えると、木の家の素材性を表す「和」と、若い移住者の好みを表現する、新しい「モダン」との融合が、この街に活気を呼ぶのではないかと思われ、それをカタチにしたくて、この家を建築したのです。

関連記事

  1. 快適空間そのもの/キッチン・インテリア

  2. 伊丹市山田6丁目新築分譲「たいようと、きのいえ」

  3. トンネルの家

  4. アンティーク家具に似合うフローリング/キッチン・フローリング・バスキッチンリフォーム

  5. 素材感のあるパーツにこだわって/バス・サニタリー

  6. 木のある暮らし/天然無垢オリジナルキッチン

  7. 無垢素材のキャットウォーク

  8. 南欧風ナチュラルなエクステリア/エクステリア

  9. 自然素材の内装仕上げヨガルーム/リビング

  10. タイル補修もデザインに/介護リフォーム

  11. French&Casual 川西市 戸建て KA 様邸 新築戸建

  12. 温かみあるマンションのキッチンリフォーム/キッチン

びおハウスHの最新情報

住まいマガジン びお

お客様交流館

「たいようと、きのいえ」 LIFULL HOMES掲載中