里山住宅博2019inつくば

「里山住宅博2019inつくば」オープニングセミナー参加してきました。

3年前に開催され、当社も「トンネルの家」で参加した「里山住宅博in神戸」が
今回、埼玉県つくば市で「里山住宅博2019inつくば」として開催されることとなり
オープニングセミナーに参加してきました。

全75区画、現在は地元の22社の工務店が参加しています。
また建築家の設計によるヴァンガードハウスがあり、里山住宅博のモデル
となる建物として注目を集めていました。

今回のテーマは、里山のある街並みとして、住宅の裏庭に「里山コモン」があります。
コモンには、みんなの庭としてまた散歩道として、住人が共有で管理し、これから
徐々に成長する緑を皆で育てていきます。

各区画に庭には、2本の異なる樹木が植えられ、年月を重ねるごとに成長し、5年、10年、20年と
新たな風景を生み出していきます。また建物の中からも「里山コモン」を見る事ができ、自宅に
居ながら常に緑の風景がある暮らしを送る事ができます。

建物2階から見える「里山コモン」

  統一された外構。綺麗な街並みです。

各区画の道路に面した部分にも里山らしさがでています。

セミナー中は、あいにくの雨でしたが、建築家により講演や各工務店さんからも、
色々なお話を聞く事ができ、2日間という短い間でしたが、非常に濃い時間を過ごすことができました。
また自社での業務に役立てていきたいと思います。

関連記事

  1. 新築・自然素材の「木の家」・外まわりの作業に入りました

  2. 不動産の売却はこちら 「売却の種類」

  3. 能勢町「てっぺん糀工房」にかまどを設置

  4. 『グートンライフ通信』初夏号

  5. 厳選した自然素材をご紹介!【木材編】

  6. 伊丹モデルハウス「木の家」(2)【国産のスギとヒノキの内装】こだわりポイント