グートンライフの「びおハウスHシリーズ」


「たいようと、きのいえ」に建つのは、5棟の「びおハウスH」。
高性能な躯体と自由な可変性を持つ、小さく建てて大きく暮らせる住まいです。

グートンライフの「びおハウスHシリーズ」

1.使いやすくて美しい、
2.高性能な住まいを、
3.手の届く価格で実現するのが、

グートンライフの「びおハウスH」。
建物は総二階。だから断熱性能、耐震性能、コストも合理的。
それぞれの敷地に合わせて、配置計画を大切にしています。冬は陽当たり、夏は日陰を確保。
戸外と室内をつなぐスペースと装置を大事に設計します。

高性能・高寿命な躯体

建物の寿命はどこで決まるのでしょうか。
きちんと作られた建物の構造躯体は、100年は持つといっていいでしょう。
設備や内装、外装など、そこまでの寿命がない部位を

適宜更新することで、住まいは永く暮らせます。

img_biohouse03

また「びおハウスH」は、外周壁で耐力をとり、
床を貼ったあとに間仕切り壁をたてる構造。そのため内部の間仕切り壁をなくしても
構造強度を損なわず「耐震等級3」を取得できています。
そのため構造壁の制限を受けることなく、その時期の家族の
生活スタイルに合わせた間取りを実現できる家なのです。


※部屋の構成に沿って立ちあげられている一般的な基礎

※プラットフォーム方式のびおハウスHの基礎
(床下にヘッダー工法の配管・配線を配します)

また温熱環境の性能を表す断熱等級性能は、兵庫県よりも1段階寒い地域の
青森県や福島県の基準で最高等級4を基本としています。

自由な可変性を持つ住まい

住み始めたときは一人だった子どもが、やがて二人になりました。
子どもが育ち、一人、また一人、家を出て独立していきました。
長い年月を過ごす家には、こうした家族の変化への対応も求められます。
びおハウスHは、構造に必要な壁(耐力壁)をすべて外周部にのみ配します。
このため、リフォームの際に動かせない壁、というのがありません。
中は自由に、住まい方にあわせて変更できます。

太陽を入れる、日陰をつくる

冬は日射しを採り入れ、夏は遮りたいと誰もが思います。隣地が建て込んだ街区にあって、
どう建物を、窓を、吹き抜けを、そして植物を配置すれば冬に日が入り、夏は日を遮ることができるのか。
びおハウスHは、これらのことをコンピュータでシミュレーションしてプランに反映します。

「たいようと、きのいえ」 コンセプトはこちらから
「たいようと、きのいえ」 びおハウスHの詳細はこちらから
「たいようと、きのいえ」 びおソーラーの詳細はこちらから
「たいようと、きのいえ」 区画・プラン図詳細はこちらから
「たいようと、きのいえ」 周辺環境はこちらから
「たいようと、きのいえ」 galleryはこちらから


【「たいようと、きのいえ」についてお問い合わせはこちらから】


お問い合わせ資料請求モデルハウス見学予約

モデルハウス見学のご希望の方は、以下内容を選択の上、送信してください。
※なお、日時によってはご希望に添えない場合もございます。(日程調整)










メール電話

プライバシーポリシーに同意する

びおハウスHの最新情報

お客様文化交流館

住まいマガジン びお

お問い合わせはこちらから