熱中症に注意!部屋の温度を上げないポイントは・・・?

こんにちは。
蒸し暑い日が続きますね。
みなさまお元気でしょうか。

最近は、家の中でも熱中症になることがあるので、
注意が必要です。

外の熱が家の中に大量に入ってくる場所は、
どこかわかりますか?
今回は、家の中での「夏の暑さ対策」についてお伝えします。

外の熱が一番入ってくる場所は?

夏の暑さの70%以上は「窓」から入ってきます。
外の熱が家の中に入ってくる場所とその割合は、
下のようになります。

・窓  74%
・外壁 12%
・屋根 6%
・換気 5%
・床  3%

上の数字からわかるように、
家の中の温度を上げないためには、
窓からの熱を入れないことが、ポイントになります。

外からの熱を家に入れない方法

窓からの熱を入れないための方法には、

・よしず
・シェード
・すだれ
・ブラインド
・障子
・カーテン

などを使う方法があります。
取り入れやすいものを、使うといいですね。

ちなみに、「すだれ」は竹や葦(あし)を編んだもので、
日よけや目隠しに使われます。
「よしず」はすだれの一種で、
立てかけて使う大型のものを指します。

よしずやシェード、すだれなど、窓の外につけるものの方が、
ブラインドやカーテンなど家の中につけるものより、
熱をさえぎる効果は大きいです。

カーテンやブラインドは遮熱効果はありますが、
陽ざしで温まり、部屋の温度を上げる作用もあります。

スタッフHのおすすめは、「よしず」です。
我が家は西日がさすマンションの5階。
夏の暑さは強烈です(泣)。

よしずだと、窓だけでなく壁も覆うので、
壁が焼けつくような高温になり、
部屋にその熱が伝わる、
というヒサンな状況は避けられます。

見た目も涼し気で、風も通ります。
日本の伝統的な素材はすごいです!
ただ、風にあおられて飛んでいくと危険なので
(マンションの5階は風が強い)、この点は注意が必要です。

みなさまのお家は、暑さ対策は大丈夫でしょうか。
「窓からの熱を入れない」がポイントです。
よしずやひさし、ブラインド、カーテンなど、
ぜひ利用してみてください(^^)

家づくりのあれこれ、
お気がるに、グートンライフにお問い合わせください。
みなさまのギモンに、トコトンお答えします(^^)/

モデルハウスも、随時オープンしております。
ご予約制になっております。
ぜひお問い合わせください。

グートンライフ
Tel: 0120‐817‐910
Mail: info@good-on.co.jp

オンライン無料相談も実施しています。
>>こちらからお申し込みください

下のフォームからもお問い合わせいただけます。

お問い合わせ資料請求



持ち家一戸建て持ち家マンション社宅賃貸住宅その他







メール電話

プライバシーポリシーに同意する

関連記事

  1. 「伊丹市新築分譲」解体・造成工事中!

  2. 【年末年始休業のお知らせ】

  3. グートンライフ・スタッフの今年の目標

  4. 【貸土地】 おすすめ物件!池田市木部町 土地約168坪

  5. 伊丹モデルハウス「木の家」(1)【びおソーラー】こだわりポイント

  6. バリアフリー&寒さに強い・ふたり暮らしの平屋(猪名川台)