新築・自然素材の「木の家」・外まわりの作業に入りました

国産の自然素材をふんだんに使った、F様邸。
内装工事がほぼ終わり、今は庭や壁など、外まわりの作業が進んでいます。

F様邸。自然素材を使ったこだわりの「木の家」

時々雨が降る中、職人さんが外の壁に「基礎の下塗り」をしています。
モルタルに水と接着剤を入れた素材を、壁に塗っていきます。
均等な厚みで、ムラなく、隙間なく。
手元を見ていると、うっとりするほどなめらかな動き。

無駄のない、滑らかな動き

職人さんは、15歳からこの道一筋。73歳の今も現役で活躍。
壁塗りのコツは? と聞くと、
「そんなものはないよ。何十年もやっているから、体がおぼえてるよ」

あっという間に塗り終わります

モルタルに水と接着剤を混ぜた素材

家の中はこんな感じに仕上がっています

基礎の下塗りが終わったら、仕上げの塗りに入ります。

 

関連記事

  1. 強くて長持ち!丹波産の木材を視察しました

  2. グートンライフ・自慢のショールームをご紹介!

  3. カモン!川西「cafe+zakkaちまこま喫茶」

  4. 【お部屋のカビ】対策を徹底解説!

  5. 窓から見える注文建築「木の家」新築中!!

  6. 【終了】多田グリーンハイツ「おさんぽマルシェ」に出店!