厳選した自然素材をご紹介!【珪藻土(けいそうど)編】

こんにちは。

グートンライフは、体にやさしい自然素材を使った家づくりをしています。
今回は、珪藻土(けいそうど)について、特徴やメリット、デメリットをご説明します。
みなさまの参考になればうれしいです。

グートンライフが厳選する自然素材・珪藻土(けいそうど)とは?

珪藻土の特徴

当社では、壁の仕上げに珪藻土を使っています。
珪藻土はプランクトンの化石。
1万年も前に、海や湖、沼などにいた珪藻プランクトンが、
泥と一緒に水底につもり、岩のようになったものです。

表面に小さな穴がたくさん開いていて、
この穴が水分を吸収し部屋の湿度を調節します。

稚内の珪藻土にこだわる理由

グートンライフでは、数ある珪藻土の中でも、北海道・稚内の素材を使っています。
水分を吸収するのにちょうどよい穴の大きさで、通常の珪藻土の4倍の調湿効果があるからです。

最近は、ホームセンターなどにも珪藻土が売られていますね。
詳しく素材を見ると、珪藻土の割合は数%ほどで、樹脂などの工業製品が混ぜられているものがあります。
樹脂を混ぜると固まりやすいため、こうした素材を好む職人さんもいます。

ただ、樹脂は珪藻土の穴を埋めてしまいます。
当社のつなぎ材は、スサ(繊維)や白土、セルロースなど100%自然素材。
珪藻土の調湿作用を最大限に生かせる割合で、つなぎ材を混ぜています。

では、珪藻土を使うメリットとデメリットは何でしょうか?
以下、ご説明してきます。
メリットとデメリットをしっかり把握して、素材を選ぶと間違いありません。

珪藻土のメリット

・調湿効果がある
・悪臭(タバコやアンモニア)や有毒ガス(アセトアルデヒド)などを吸着する
・五感にやさしい
・自然にもどる素材で、環境に負担をかけない
・防火性にすぐれている
・音を吸収するので、音が外にもれにくい

珪藻土のデメリット

・乾燥するとひび割れする可能性がある
・上から固める材料を塗る必要があるので、施工に時間がかかる
・手間がかかるので工費が割り高になる

珪藻土の質感を感じてみませんか

ショールームで珪藻土をご覧いただけます

メリットとデメリットをしっかり把握して、素材を選ぶことをお勧めします。
家づくりの素材は、実際に体感するのが一番。
グートンライフのショールームでは、珪藻土の壁をご覧いただけます。
ぜひ、直接見て触れて、質感を確かめてください。

ご予約は不要です。お気軽にお立ち寄りください。
みなさまのお越しをお待ちしております。

グートンライフの自然素材については>>こちら
木材については>>こちら参考にしてくださいね。

 

関連記事

  1. 不動産の売却はこちら 「売却の種類」

  2. チャリティ朗読会

  3. 多田神社 御神木

  4. 地元の緑台中学校『トライやるウィーク』

  5. 野間の大ケヤキ(能勢)【社長ブログ】

  6. 川西市 清和台『構造見学』のご案内

  7. 「自然素材の家」にこだわる3つの理由

  8. 6月1日(土) 毎月第一土曜Cafe

  9. 伊丹分譲地「折込チラシ」入ります!

  10. 自由設計対応!伊丹分譲地「たいようと、きのいえ」

  11. 新築「自然素材と木の家」レポ(1)【杉の階段取りつけ】

  12. 『グートンライフ通信』初夏号