「自然素材の家」にこだわる3つの理由

こんにちは。
外を歩くと、ふわりとキンモクセイの甘い香りが漂ってきます。
四季の移り変わりを感じられる日本に生まれて、よかったなあ、としみじみ感じます。

グートンライフは、そんな自然豊かな「日本生まれの素材」を使った「心地いい家」をご提供しています。
以下は、私たちが厳選して使っている素材の一例です。

・木材(吉野ヒノキ、丹波のスギ・ヒノキ)
・珪藻土(けいそうど:稚内産)
・和紙(土佐和紙)
・かわら(三州がわら)

国産素材にこだわる3つの理由

日本産の素材にこだわるのは、3つの理由があります。

・からだにやさしい
・お財布にやさしい
・環境にやさしい

一つずつご説明します。

からだにやさしい

たとえば、吉野ヒノキ。木は森から切り出した後も、呼吸をしています。
家の床や壁に使うことで、水分を吸ったり吐いたりして部屋を快適な湿度に調整します。
断熱性に優れ、夏は涼しく、冬はあたたか。

自然の素材は、「シックハウス症候群」の原因といわれる有害物質を含みません。
木から出るフィトンチッドは、リラックス効果を高めてくれます。
その上、汚染物質を浄化する作用もあります。

私たちは、一生のうち80%を家で過ごすと言われています。
家の空間を、すがすがしい空気で満たすことは、とても大切なことです。

お財布にやさしい


「国産素材ってなんだか高そう」
そう思っていませんか? いえいえ、そんなことはないんです。

輸送コストは外国からはるばる運ばれる木材に比べ、ぐっと低く抑えられます。
最近は国の方針もあり、国産木材の生産量が増え、木材自体の価格も下がってきています。
合板や外材よりも安い国産材が供給されています。

加えて、日本で育った木は日本のに気候にめっぽう強い。
シロアリなどの害虫への免疫力が高く、上手に手入れすればメンテナンス費用も抑えられます。

和紙や珪藻土、かわらの粘土。
すべて自然の中にあるから、「生産終了しました」「えっ!」という心配がありません。
将来も調達可能な、安心して使える素材です。

環境にやさしい

山の木を伐り、人の手が入ることで山が生き返ります。
山が豊かになれば、川にミネラルが流れ、海に注ぎこむ。
私たちも海の恵みを受け取れます。

木やかわら、和紙、珪藻土はすべて自然に帰る素材。
環境に大きな負担をかけません。
めぐりめぐって、私たちが暮らす身近な環境を守ることにもつながります。

「心地いいくらし」をみなさまに

 

香る、触れる、見る。
耐久性に優れ、五感で楽しめる自然素材。

グートンライフは、そんな国産素材でつくる「心地いい家」を、多くの方にお届けしたいと思っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 2019年4月1日グートンライフ「入社式」新入社員を迎えました。

  2. 「伊丹市新築分譲」解体・造成工事中!

  3. 厳選した自然素材をご紹介!【珪藻土(けいそうど)編】

  4. 川西市 清和台『構造見学』のご案内

  5. 里山住宅博2019inつくば

  6. 多田グリーンハイツ「サマーカーニバル2019」出店!

  7. チャリティ朗読会

  8. 多田神社 御神木

  9. 住まいマガジン「びお」に掲載されました。

  10. 不動産の売却はこちら 「売却の種類」

  11. 多田グリーンハイツ「おさんぽマルシェ」に出店!

  12. 【マンション】リブコート伊丹駅前 価格2150万円