厳選した自然素材をご紹介!【土佐和紙編】

こんにちは。
グートンライフのある川西市は、朝晩は寒いくらいの気候になってきました。
みなさまは、いかがお過ごしでしょうか。

今回は、壁紙や障子の紙などに使う「和紙」をご紹介します。
グートンライフでおすすめしているのは、「土佐和紙(とさわし)」。
なぜ土佐和紙か?
その特徴やメリット、デメリットについてお伝えします!

グートンライフがすすめる土佐和紙とは?

土佐和紙の特徴

土佐和紙は、高知県の土佐市やその周辺で作られている和紙です。
すでに平安時代の文献に登場しているそうで、1000年以上の歴史があります。

原料は、主に楮(こうぞ)や雁皮(がんぴ)、ケナフといった植物です。
植物なので紙の状態でも呼吸しています。
室内の水分を吸収したり、放出したりして、湿度を調整する効果があります。

紙の繊維が光を乱反射するため、太陽や照明の光がやわらかくなります。
最近は、有害物質を分解する酸化チタンが入った土佐和紙などが開発され、
シックハウスの防止効果も期待できます。

土佐和紙のメリットとデメリットをまとめましたので、
参考にしてください。

土佐和紙のメリットとは?

・湿度を調整する
・ホルムアルデヒドなどの有害物質を分解する
・年月がたつほど風合いが深まる
・光をやわらかくする
・音を分散させてやわらかくする
・燃やしても有害物質が出ない
・壁の素材としては、珪藻土(けいそうど)より手ごろな価格
・破損しても対応しやすい(上から貼るなど)

土佐和紙のデメリットは?

・ビニールクロスに比べ、割り高で耐久性が低い
・水まわりには使えない
・貼り方に技術が必要

土佐和紙はでんぷんを使って壁に貼ります。
すぐに乾いてしまうので、職人さんにとっては難しい素材です。
「貼り直しが聞かないので、真剣勝負です」
と、職人さんはおっしゃいます。
それだけに、やりがいがある、とも。

土佐和紙の質感を体感してください

「和紙の壁ってどんな感じ?」
興味のある方は、ぜひグートンライフのショールームをのぞいてみてください。
やわらかい質感や見た目にやさしい色合いを、確かめていただけます。

ショールームはご予約不要です。
年中無休(年末年始・夏季をのぞく)でオープンしています。
木や土、紙などの自然素材をふんだんに使った心地よい空間です。
お気軽にお越しください!

グートンライフの厳選する自然素材については>>こちら
木材については>>こちら
珪藻土(けいそうど)については>>こちらも、参考にしてくださいね。

関連記事

  1. カモン!川西「cafe+zakkaちまこま喫茶」

  2. 終了『薪(まき)割り&薪ストーブ教室』参加者募集中!

  3. 【終了】多田グリーンハイツ「おさんぽマルシェ」に出店!

  4. 【賃貸物件】ブルースカイビル 1DK 賃料4.2万円

  5. 新築・自然素材の「木の家」・外まわりの作業に入りました

  6. グートンライフ・自慢のショールームをご紹介!