プロ直伝!「我が家」の写真を上手に撮るコツ

お家の写真を撮るには、ちょっとしたコツがあります。
グートンライフがお世話になっている、建築専門のプロの写真家に「家を上手に撮るコツ」をお聞きしました。

「自分のお家をステキに撮りたい」という方の参考になればうれしいです。

プロ直伝! 家の写真を上手に撮るコツ

プロに教えていただいたコツは3つ。

・三脚を使う
・テーマを決める
・高品質のレンズを使う

一つずつ見ていきましょう。

三脚を使う

「これは絶対条件」とプロに念押しされたコツが、これ。
基本的に、建物は傾いていると見づらいです。水平にカメラを固定して撮影しましょう。

また、室内は暗い場合が多いので、カメラを手持ちで撮影すると、画像がぶれることがあります。
カメラを固定すると、ぶれずに撮れます。
三脚がなければ、テーブルや棚、塀などを利用するのも、一案です。

テーマを決める

今回ご紹介している写真は、「自然が見える家」がテーマ。
カメラマンは、緑が映える画像を色々な角度から切り取って、カメラに収めています。

テーマを絞り込んで、ほかの要素は思い切って捨てる。
そうして撮った写真は、見る人に強い印象を与えます。

高品質のレンズを使う

写真の美しさは、レンズの品質に大きく左右されます。
ちなみに、プロが使っている建築用の広角レンズは、30万円!
これは、ちょっと素人にはマネできませんね(^^;
参考までに、お伝えしました。

ところで、家の写真は、基本的に「自然光」で撮影します。
ライトを当てると、家の質感と写真の質感が変わってしまうからです。
時間によって、部屋に差し込む光の量が違うので、そのあたりを計算に入れて撮影のタイミングを計ります。

以上まとめると、家の写真を撮るコツは、三脚を使う、テーマを決める、よいレンズを使う、自然光で撮る、でした。

とはいえ、一番大切なのは「たくさん撮ること」だそうです。
楽しみながら、撮影しましょう♪

ご紹介した写真は、グートンライフが施工させていただいた、自然素材のお家です。
国産のスギをふんだんに使った吹き抜けのリビング、オリジナル家具、薪ストーブが特徴です。自然素材のお家は、グートンライフのモデルハウスでも、体感していただけます。

・どんな素材を使っているの?
・薪ストーブの使い心地が知りたいな。
・ウッドデッキが気になるけど、お手入れ大変そう。

こんな、みなさまの「知りたい」にトコトンお答えします。

見学は、ご予約制となっております。
ご連絡は、電話かメールにてお受けしています。
ぜひぜひ、自然素材の心地よさを体感してください。

グートンライフ
Tel: 0120-817-910
Mail:info@good-on.co.jp

関連記事

  1. 足元が冷たくない!快適なバリアフリーのリフォーム

  2. 川西市 清和台『構造見学』のご案内

  3. 【お部屋のカビ】対策を徹底解説!

  4. 【年末年始休業のお知らせ】

  5. 家づくりセミナー入門編

    家づくりセミナー入門編、開催しました!

  6. カモン!川西「cafe+zakkaちまこま喫茶」