トンネルの家

 
『里山住宅博 in KOBE 』に参加しモデルハウスを出展。MBSテレビ番組「住人十色」の番組に紹介されました。

コンセプト 「里山と町の境界に建つ家。境界に住む。」

ワクワクする町と里山の境界に建つ家で、新しい里山の住まい方を提案。今回のプランは、道路がある南の町側から、斜面に接した北の里山側へ、土間を通って靴のまま通り抜けられる設計になっています。
内部は土間を中心に、仕切られた部屋にはなっていないスペースで構成されています。

戦後に定着した住宅のスタイルが、日本人にとってふさわしいのか。
効率重視になりすぎているのではないか。
そういった視点で戦前の文化、昔からの家を見直して、取り入れるチャレンジを行っています。
昔の家のどこが良かったのか。土間のどこが良かったのか。
そういったことをもう一度考えながら暮らす家。

遊び心

遊び過ぎている所もあると設計者自ら語る家は、テーマ―パークのようなワクワク感を秘める。
家というのは、家族それぞれの『居場所』です。

それぞれの個室があるからそれが居場所だ、ということではないのです。
「私の空間はここだ!」と思えるところがあれば良い。
雪のかまくらのような読書空間、サンルーム、ソファなど、家族みんながそれぞれの居場所を見つけてほしいです。

その場所に同化する。
まさにそこから生えてきたキノコのような家。

周りと違和感があるものは潰されてしまいます。
誰が見ても違和感のない、遊び心が盛り込まれた町と自然、家族が共存共生する家です。

建築施工:株式会社グートンライフ  設計:二川徹

「心地よい」をトコトン。

 

関連記事

  1. 伊丹市山田6丁目新築分譲「たいようと、きのいえ」

  2. 温かみあるマンションのキッチンリフォーム/キッチン

  3. 【新築分譲】人気の伊丹エリアをご紹介!

  4. アンティーク家具に似合うフローリング/キッチン・フローリング・バスキッチンリフォーム

  5. 素材感のあるパーツにこだわって/バス・サニタリー

  6. 終了 仲間が集う楽しい「木の家」を見に来ませんか?<完成見学会・川西市>